▽カラーテストcgi  ver 1.0 [009]

○はじめに

指定した色の間でグラデーションを作成して、色を選ぶときの参考にするためのcgiです。

サンプルはこちら。

カラーテストcgi
http://see-ku.com/cgi/color/color.cgi


○設置方法

・設定変更

まず、cgiの設定を設置するサーバーにあわせて変更します。『color.cgi』をテキストエディタで開いて、必要な部分を修正してください。

1行目:『#!/usr/bin/perl』
サーバーの設定にあわせてPerlの存在するパスを修正します。

14行目:『$cgi = "color.cgi";』
スクリプトの名前を変更する必要がある場合は、あわせて、この部分も修正してください。

17行目:『$css = "color.css";』
出力に使われるcssファイルのファイル名を指定します。cgi本体と別の場所に置かれる場合は、パスを含めた形で指定してください。

・アップロード

以下のファイルを指定した属性でアップロードします。

ファイル名属性
color.cgi755
color.css644
cgi-lib.pl644
sk-lib.pl644

漢字コード・改行は特に変更する必要はないはずです。


○使い方

設置が無事に済んでいる場合、color.cgiを呼び出せば、グラデーションで色を確認する画面が表示されます。『カラーマップで色を確認する』をクリックすると、カラーマップで色を確認する画面に映ります。

グラデーションで色を確認する画面

指定された4色からグラデーションを作成して色を確認する画面です。

画面下部の『左上』から『右下』に、それぞれ、グラデーションの基準となる色を指定します。色の指定は“100,200,300”のようにRGBの三色を区切って指定する方法の他、“#ffc33a”の16進数6桁の方式で指定することもできます。

『分割数』はグラデーションの縦方向の分割数を指定します。

『色の表示』はグラデーションの各ボックスに、どのような形式で色名を表示するかを指定します。

カラーマップで色を確認する画面

カラーマップで色を確認する画面です。

画面下部の『明るさ』でカラーマップ全体の明るさを指定します。


○おくづけ

・著作権

著作権は See.Ku が保有しています。

・転載について

配布ファイルを変更しない限り、転載は自由です。報告の義務も許可も必要ありません。雑誌掲載時にも特に許可を得る必要はありません。ただし、バグ報告・要望などはできるだけ作者までフィードバックしてください。

・免責

このプログラムを使用したことによるすべての障害に付いて、免責を明示させていただきます。

・使用権

このソフトはフリーソフトウェアです。使用に際して一切の制限はありません。

・連絡先

作者:See.Ku
連絡先:▽こころキット

※バグの報告・機能追加の要望などは掲示板にお願いします。

・更新履歴

2006/4/28ver 1.0[009] 公開開始。