▽skdef + sktime

中身がからのフォルダを削除するソフトと、プログラムの実行時間を測定するソフトです。

プログラムはGClassを使用しています。ソースコードのコンパイルから試してみたい人は、あらかじめGClassの環境を整えておいてください。

GClass ver 1.0 [009]
gclass-009.lzh

○skdef

中身がからのフォルダを削除するソフトです。

skdef-07.lzh
skdef-07.lzh

ソースコードでおもしろいところは・・・ わざわざ、ファイルを検索するためのGFindFileクラスが用意してあるのに、これが有効に活用されてないところかな?<だめじゃんw

まぁ、もともとのGFindFileクラスの考え方が今回はたまたまマッチしなかったと言うことで。

フォルダの削除はFindFirstFile()のループからはずそうかとも考えたんですけど、よく考えると、いまどきマルチスレッドのOSでそこまで意識する必要がないだろうということでそのまま実装してあります。とりあえず、Windows XPでは無事に動いてるようなのでこれで良いのかな、と。

『ごみ箱へ移動』はSHFileOperation()を使って実現してあります。このあたりはGClass側のGShellDelete()関数が参考になるかと。

○sktime

プログラムの実行時間を測定するソフトがこちら。

sktime-02.lzh
sktime-02.lzh

むちゃくちゃ小さいプログラムですが、こういうのがあると時々役に立ちます。

・・・ほんとですよ?(´∀`;)

○クラス&関数解説

GClassに大きな変更はありません。

GStringクラスに関数が追加されたのと、GShellDelete()関数が追加されただけです。


[GClass] Presented by See.Ku [2005/2/17]