▽スクロール&ズーム

基本的なウィンドウアプリケーションにスクロール機能、ズーム機能を追加してみました。ついでに、その他の機能もいくつか追加してあります。

○スクロール&ズーム

今回作った機能を確認するためのサンプルプログラムです。

gc04-24.lzh
gc04-24.lzh

GClass ver 1.0 [045]
gclass-045.lzh

プログラムはGClassを使用しています。ソースコードのコンパイルから試してみたい人は、あらかじめGClassの環境を整えておいてください。

スクロール&ズーム
スクロール&ズーム機能付きアプリ

ビットマップ形式のファイルの読み込み・書き出しに対応しています。

○クラス&関数解説

今回追加になったクラス・関数のものすごく簡単な解説です。

GScrollView&GScrollBar
スクロールビュークラス。スクロール自体はGScrollBarクラスに出してしまったので、スクロールの動作を変更したい場合はこっちを継承&変更すること。
GZoomView
ズームビュークラス。まぁ、普通に使えるんじゃないかと。
GRegistryBase
レジストリ&初期化ファイルの基本クラス。この二つの操作を共通化できる。
GRegistry
レジストリ操作クラス。
GIniFile
初期化ファイル操作クラス。標準では、初期化ファイルはプログラムと同じ位置に作られるので注意。
コモンダイアログ関係
各種コモンダイアログをラップしたクラス。普通に使えば普通に使えるかと。
GShellObject&GWideString
シェルオブジェクト関係の関数、クラスとWCHARを使った文字列クラス。GWideStringはGStringを基本としてそこからの変換を前提に作っているので非常にシンプル。
GDragAndDrop
ドラッグアンドドロップサポートクラス。
GBitmapDC
メモリDC&HBITMAPクラス。いろいろ派生予定。
GBitmapIO
ビットマップ形式入出力クラス。

本当ならGScrollBarはコントロールにするべきでしょうけど、まぁ、将来、必要になったときに対応すると言うことで今回はシンプルにまとめてあります。

○今後の予定

GBitmapIOでビットマップ形式に対応したので、この勢いで手元にある画像入出力クラスを全部まとめ直そうかな、と。jpegやpngもついでにやるべきかなぁ。


[GClass] Presented by See.Ku [2005/3/4]