▽skPublicArchive

GClass再構築シリーズ第3弾。配布用にファイルを圧縮します。

○skPublicArchive

ソースファイルはこちら。

skPublicArchive ver 1.0 [014]
skPublicArchive1.0-014src.zip

GClass ver 6.0 [030]
gclass6-030src.zip

プログラムはGClassを使用しています。ソースコードのコンパイルから試してみたい人は、あらかじめGClassの環境を整えておいてください。

skPublicArchive
skPublicArchive 実行画面

○ポイント解説

ぶっちゃけ、自分がたまーに使うだけのソフト。

それこそ、C#あたりでさくっと作ってしまえば良さそうなものですが、それをわざわざC++で作っちゃうところが良くも悪くも自分らしい。っていうか、この方が速いしw

ワイルドカードをつかって絞り込みながらファイルの一覧を作成。小さいアイコン付きでリストビューコントロールにファイルを表示。タブコントロール+リストビューコントロールの組み合わせなど、いろいろ、応用が利きそうなネタが混ざってたりしますが・・・ まぁ、どれもそんなに難しいことはやってません。ソースを見ればわかるレベルかと。

昔のGClassに入れてあったGZipIOはデコード周りのバグがあったのをこっそり直してあったりしますが、まぁ、あまり気にしない方向で。

○今後の予定

引き続き、細かいツールシリーズを。


[GClass] Presented by See.Ku [2006/4/8]