トップ 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

はじめてのiPhoneプログラミング(IO BOOKS)

hip1_a.jpg hip1_b.jpg

執筆:成田拓郎、白長須真乃介、I/O 編集部
編集:I/O 編集部

 感想

iPhone用アプリを作成するときの流れを紹介した本。流れ重視。iPhone SDKやObjective-Cについての詳細な説明は無し。

たぶん、初心者向けの本だと思うんだけど、XcodeやiPhone SDKのダウンロードやインストールの話は無し。Objective-Cの説明もほとんど無し。

実機でのデバッグに絡んでApple IDを取得する話も出てくるけど、そんなに詳しい説明はなし。AppStoreに向けのパッケージを作る話はあるけど、実際にAppStoreに登録するときの詳しい話は無し。まぁ、このあたりは、NDAの絡みがあるのかもしれないけど。

どんな層にどんな内容でアピールしたいのかがよくわからない本。タイトルに“はじめての”と入ってる割には、これからプログラミングを始めたい人への説明は不足してる。

そもそも、プログラムの題材になってるのがアナログシンセサイザーって時点で、かなり狭い層が対象だったり? OpenGL ESを使ってゲームを作るときの話でもなければ、UIKitで実用アプリを作る話でもない・・・ 逆に、そういう狭い層を狙ったのかもしれないけど。

どうせなら、Apple IDを取得するときの流れとかAppStoreに登録するときの手順とか・・・ ほかのiPhone系開発本であまり出てない話題を充実させればおもしろかったのに。

そんなに高い本ではないけど、それでも、『これを定価でおすすめできるか?』って言われるとかなり微妙。本屋で立ち読みしてみて、買って後悔しない覚悟をしてから買うべき。たぶん。

そもそも、すでに同じ名前でそこそこ有名な本があるのに、後から同じ名前で本を出すセンスが理解できない・・・ 何を考えてこのタイトルをつけたのか? 単純に、何も考えてないだけかもしれないけど。

(2010/08/06 作成)


(2010/08/06 書評