トップ 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

サンプルプログラムでマスターする iPhone SDKプログラミング実践ガイド

spm_a.jpg spm_b.jpg

著者:柴田文彦、森田秀幸、森本一茂、近藤修平、加藤貴之

 感想

ちょっとしたサンプルプログラミングの作成を通して、iPhoneアプリ開発の流れを紹介した本。iPhone SDKやObjective-Cについての詳細な説明は無し。

Apple IDの取得からXcodeを使ってのアプリ開発、最後はAppStoreへの登録まで、一通りの流れを説明してある本。iPhoneのアプリ開発がどんな物なのか、それなりに知りたい人には悪くないかも。むしろ、最初のApple IDの取得やAppStoreへの登録の部分をもっと詳しく書いた方が・・・ これ以上詳しく書くのも、逆に難しいかもしれないが。

章ごとに別々の著者が書いてるけど、その部分はそんなに気にならなかった。サンプルプログラムは、まぁ、この手の本にありがちな、単機能で要素を絞った物ばかりだけど、Map KitやWeb Viewでインパクトは十分?

最後、AppStoreに登録するアプリぐらいは、もうちょっと真面目に作り込んでもよかったような気がするけど。

元々、本が書かれたときのiPhone SDKは3.0らしい。4.0環境だと、そのままでは正常に動作しないサンプルがいくつかあり。

ネットで、4.0環境向けに更新されたサンプルプログラムが公開されてるわけでもない。サンプルプログラムが基本になってる本なのに、それが、使えなくなってるところもあるってのはちょっと悲しい。

シミュレーターだけでは動作不可能で、実機が無いと動作しないサンプルプログラムが入ってるけど、その部分の説明が本の中にないのも微妙。

個人的には悪くない本だと思うけど、これで2,835円はちょっと高い? 図書館で借りてきて、ざっと通してみるのが最適かな。

(2010/06/10 作成)
(2010/07/11 更新)


(2010/07/11 書評