トップ 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Synergyを実験してみたメモ

マウスとキーボードを2個操作するのが面倒になったので、Synergyを実験してみた。

1.Windowsにインストール

サーバーとして動くように設定。画面を2個登録して、どっちがどっちの横になるのかを設定するだけ。大きな問題は無し。

2.Mac OS Xにインストール

設定ファイルを自分で書いて、実行はコマンドラインから。面倒すぎるだろ(´・ω・`)

結論

当たり前と言えば当たり前だけど、Windows側のキーボード&マウスだけではMac OS X側のスリープを解除することができない。まぁ、今まで使ってたマウスがあるから、これでスリープを解除すれば良いんだけど・・・ なんだか、美しくないな(´・ω・`)

あとは、キーボードの入力が単純に送られすぎるんで、ここで変換をかけることができればMac OS Xがもうちょっと便利になるような気がしないでもないけど・・・ そこまでするのは面倒かな。

スリープから復帰したときに、接続ができなくなることがある・・・ 再現性がないのが困るな(´・ω・`)


(2009/11/25 メモ