トップ 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

iPadプログラミングの作法

ips_a.jpg ips_b.jpg

著者:橋本佳幸

 感想

iPadにかなり入れ込んでる筆者が、iPadについて言いたい事を言って、iPadから使えるようになった機能について解説した本。ある程度、iOS環境でプログラムを組んだ事がある人が対象。

序盤は、筆者がiPadについて思ってる事を色々と書いてある。もしかして、筆者からするとこの部分がこの本のメインなのかもしれないけど・・・ 正直、プログラミングの作法とはあまり関係がない。あえて言うなら、ユーザーインターフェースの考え方的な部分で参考になるかもしれないけど、それを決めるのはAppleだしね。

その後、iPad(=iPhone OS 3.2)から使えるようになった新機能の紹介があって、サンプルプログラムで実際に使うところを紹介する流れ。

説明としては『こんな事が出来るようになった』という紹介レベル。入門者むけの本のように細かいところまで説明してあるわけではない。リファレンス的な要素はほとんど無し。

本の中で細かい説明が無いのに、サンプルプログラムが公開されてないのはさっぱり謎。せめてサンプルプログラムを入手することが出来れば、いろいろと実験するのも楽だろうに・・・ サンプルに使ってるのが自分でAppStoreで販売してるアプリだから、ソースコードを公開するのが嫌だったのかな? それなら、この本のために、サンプル用のアプリを別に作るのが筋って物だと思うが。

iPhoneの開発経験者が、iPadでの開発についてどんな物かを知るためには悪くないのかも? そんなに高い本でもないし。

そもそも、この時期にiPad向けの開発をするのが良いタイミングかどうか・・・ そっちの方が問題かも。もう少し待てばiPadもiOS4になるだろうし、その頃にはiPadとiPhone4に対応したプログラミング本も出るだろうしね。そこまで待ちきれない人には良いのかも。そんなに高い本でもないし。


(2010/08/07 書評