トップ 一覧 検索 RSS ログイン

Playground - Markdown

最終更新日: 2015/07/15 (Xcode 6.4, Swift 1.2)

  Playgroundのコメントを装飾して表示

メニューの[Editor] - [Show Rendered Markup]を選択すると、PlaygroundのコメントをMarkdownフォーマットで装飾して表示することが出来ます。

pic3.png

・通常の表示
pic4.png

・Markdownフォーマットで装飾
pic5.png

メニューの[Editor] - [Show Raw Markup]を選択すると、通常の表示に戻すことが出来ます。

  PlaygroundのコメントでMarkdownを使用する方法

1行コメントでMarkdownフォーマットを使用

以下の形式でMarkdownフォーマットを記述します。

//: Markdownフォーマットの文

pic6.png

複数行コメントでMarkdownフォーマットを使用

以下の形式でMarkdownフォーマットを記述します。

/*: コメント
Markdownフォーマットの本文
*/

pic7.png

 ※『コメント』の部分はMarkdownフォーマットで装飾した際、表示されません

  Playgroundで使用できるMarkdownフォーマット

Markdownの書式 - 見出し

要素 書き方
見出し1 # 文字列
見出し2 ## 文字列
見出し3 ### 文字列
/*: 見出し
# 見出し1
## 見出し2
### 見出し3
*/

pic8.png

見出し1と見出し2は、複数の行を使用する書式も用意されています。

/*:
見出し1
==========

見出し2
----------
*/


//: 見出し1
//: ==========

//: 見出し2
//: ----------

pic16.png

Markdownの書式 - 箇条書き

要素 書き方
箇条書き * 文字列
/*: 箇条書き
* 箇条書き1
* 箇条書き2
* 箇条書き3
*/

pic9.png

Markdownの書式 - 番号付きリスト

要素 書き方
番号付きリスト 半角数字. 文字列
/*: 番号付きリスト
1. 番号付きリスト
2. 番号付きリスト
3. 番号付きリスト
*/

pic10.png

Markdownの書式 - 引用文

要素 書き方
引用文 > 文字列
/*: 引用文
> 引用文1
> 引用文2
> 引用文3
*/

pic11.png

Markdownの書式 - ソースコード

要素 書き方
ソースコード ソースコード

 ※ソースコードの行頭に半角4文字のスペースかタブが必要です

/*: ソースコード
	import UIKit

	var total = 0
	for no in 0..<100 {
		total += no
	}
*/

pic12.png

Markdownの書式 - 強調/コード文

要素 書き方
強調1 *文字列*
強調1 _文字列_
強調2 **文字列**
強調2 __文字列__
コード文 `文字列`

 ※『*』と『_』は実際には半角です

/*: 強調/コード文
*強調1*
_強調1_
**強調2**
__強調2__
`コード文`
*/

pic13.png

Markdownの書式 - イメージ/リンク

要素 書き方
ネット上の画像 ![altテキスト](URL "hoverテキスト")
リソースの画像 ![altテキスト](ファイル名 "hoverテキスト")
リンク [表示されるテキスト](URL)

altテキストは画像が表示できない時に表示されます。hoverテキストは画像にカーソルを合わせた時に表示されます。hoverテキストは省略可能です。

/*: イメージ/リンク
ネット上の画像:
![ネット上の画像](http://see-ku.com/swift/image/img.pic%255Fhttp.png "httpの文字")

リソースの画像:
![リソースの画像](pic_file.png "fileの文字")

リンク:
[Swiftメモ](http://see-ku.com/swift/wiki.cgi)
*/

pic14.png

Markdownの書式 - その他

要素 書き方
水平線 ----
特殊文字をエスケープ \特殊文字

 ※水平線は前後に空行が必要です

/*: その他
水平線

----

\/\*: Markdownの中にコメント開始

*/

pic15.png


[Playground]